オオカナダモをを試験管に入れて、フェノールフタレイン溶液やBTB溶液などの指示薬を入れます。

光を当てたり、暗くしたりすることで、オオカナダモが光合成や呼吸を繰り返し、溶液の二酸化炭素濃度が変わります。

そうすることで、溶液の色味が変わる実験です。

過去の実験の関連記事
  • 種を遠くに飛ばすには…?
  • 植えた種から芽が出てきました!!
  • 土の不思議
  • 植物の分類
  • 炭酸水で二酸化炭素を考えよう
  • スーパーボールを作ろう!
おすすめの記事
いろんなスライムを作ってみよう!
過去の実験
シェービングフォームを加えるとふわふわなスライム 蓄光パウダーを加えると光るスライム 砂鉄を加えると、磁石にくっつくスライムができます。...
ウニランプを作ろう
過去の実験
ウニといえば、トゲの痛そうな黒いものを想像しますが、実は、トゲのないウニもあります。 そんなウニ(バフンウニ)の殻を使って、素敵なランプシェ...
ストームグラス
過去の実験
ストームグラスは、大昔の天気予報システムです。 このストームグラスを自分で手づくりして、お湯と氷水にそれぞれつけることで 疑似的に夏・冬を作...
ペーパークロマトグラフィー
過去の実験
クロマトグラフィーって知っていますか? 科捜研でも使われている、混合物を分離する一種です。 今回は紙を利用して、 黒のマジックペンに実はどん...
土の不思議
過去の実験
今日のにのラボは土のお勉強。土ってどうやってできたの?どんな種類の土があるの?野菜を育てるためにはどんな土がいいんだろう?いろんなお話をしま...