きらきらひかる絵を描こう!

こんにちは!赤羽理科実験教室にのラボのにこちゃんです。
コロナウイルスの影響で、にのラボも3月末までお休みになっております。
はやくおさまるとよいのですが…

本日ご紹介する実験は、光の屈折と全反射を用いた実験です。

光の全反射の実験というと少し難しく聞こえるかもしれませんが、実験自体はとても簡単!
用意するものは、はがきサイズの透明なアクリル板(塩ビ板でも代用可能)、はがきサイズの額縁、コードでいくつかの白LEDライトがつながっているもの。最後はルーターや先をとがらせたくぎなど、アクリル板を削ることができるものです!

作成手順は…
➀アクリル板に好きな絵を描く。
②描いた絵の上から、ルーターやくぎで削る。
③LEDライトを好きな色の油性ペンでぬる。
④額縁にLEDライトとアクリル板をセットする。
これだけです!

この実験は、毎回大変人気なのですが、2019年度もとっても素敵な作品が出来上がりました!

今回作製したものは、アクリル板を「けずっていないところは光らない」ことと「けずったところは光がもれ出てひからない」ことがわかります。

なぜこのような現象が起こるのか‥。ヒントは「光の全反射」です。

今回の実験がなぜ「光の全反射」につながっていくのか、皆さんもぜひ考えてみてくださいね!

実験紹介の関連記事
  • いろが変わる?不思議なカップケーキ
  • きらきらひかる絵を描こう!
  • 半田付けに挑戦!?LEDを使って光の3原色を学ぼう!!
おすすめの記事
きらきらひかる絵を描こう!
実験紹介
こんにちは!赤羽理科実験教室にのラボのにこちゃんです。コロナウイルスの影響で、にのラボも3月末までお休みになっております。はやくおさまるとよ...
いろが変わる?不思議なカップケーキ
実験紹介
こんにちは!にこちゃんです。 もうすぐホワイトデーですね〜  バレンタインのお返しにも、仲のいいお友達にも、 心を込めて手作りスイーツを贈り...
2020年度実験内容公開!!
お知らせ
皆さんこんにちは。にのラボです! コロナもようやくピークを越え、再開の兆しが見えてきました。 にのラボは6月中はソーシャルディスタンスを考慮...