こんにちは!赤羽理科実験教室にのラボのにこちゃんです。 コロナウイルスの影響で、にのラボも3月末までお休みになっております。 はやくおさまるとよいのですが… 本日ご紹介する実験は、光の屈折と全反射を用いた実験です。
光の全反射の実験というと少し難しく聞こえるかもしれませんが、実験自体はとても簡単! 用意するものは、はがきサイズの透明なアクリル板(塩ビ板でも代用可能)、はがきサイズの額縁、コードでいくつかの白LEDライトがつながっているもの。最後はルーターや先をとがらせたくぎなど、アクリル板を削ることができるものです! 作成手順は… ➀アクリル板に好きな絵を描く。 ②描いた絵の上から、ルーターやくぎで削る。 ③LEDライトを好きな色の油性ペンでぬる。 ④額縁にLEDライトとアクリル板をセットする。 これだけです! この実験は、毎回大変人気なのですが、2019年度もとっても素敵な作品が出来上がりました!
今回作製したものは、アクリル板を「けずっていないところは光らない」ことと「けずったところは光がもれ出てひからない」ことがわかります。 なぜこのような現象が起こるのか‥。ヒントは「光の全反射」です。 今回の実験がなぜ「光の全反射」につながっていくのか、皆さんもぜひ考えてみてくださいね!
過去の実験の関連記事
  • 種を遠くに飛ばすには…?
  • 植えた種から芽が出てきました!!
  • 土の不思議
  • 植物の分類
  • 炭酸水で二酸化炭素を考えよう
  • スーパーボールを作ろう!
おすすめの記事
ビスマス結晶づくり
過去の実験
普段なかなか目にすることがない「ビスマス」という金属。 今回はビスマスの結晶を作り、宇宙にまで話を展開しました!...
はんだを使ってランプをつくろう
過去の実験
今回ははんだを使って電子工作を行いました。 RGBの3色のLEDを使って、光の3原色を作ります。 ボリュームのつまみを回すと‥・色の調節、明...
エコな街の模型づくり
過去の実験
風力発電や太陽光発電を使った街のモデル作りを行いました。 風車や太陽光パネルはどんな場所に設置するといいかな? みんなで考えながら、素敵な街...