サザエは炭酸カルシウムという成分でできています。これは塩酸をかけると溶ける性質があり、今回は螺鈿層をふくむサザエに塩酸をかけてみました。

表面のザラザラとした面が溶け、中からキラキラと虹色に輝く螺鈿層が出てきました。

穴を開けないように、慎重に磨いていくのがコツです。

過去の実験の関連記事
  • 種を遠くに飛ばすには…?
  • 植えた種から芽が出てきました!!
  • 土の不思議
  • 植物の分類
  • 炭酸水で二酸化炭素を考えよう
  • スーパーボールを作ろう!
おすすめの記事
火山の噴火実験
過去の実験
ドロドロとした溶岩の噴火するようすを再現実験しました。 動画でぜひご覧ください。  ...
超!よく飛ぶ紙飛行機をつくろう
過去の実験
今回はどうして飛行機は飛ぶの?という疑問から始まり、 それぞれが工夫してよく飛ぶ紙飛行機をつくりました。 綿密に計算された紙飛行機は、超!よ...
紙すきをしよう
過去の実験
牛乳パックを再利用して、紙を作りました。 紙には好きなものを漉き込み、素敵なカードに。 紙の歴史や科学をしっかり勉強して、最後にはお世話にな...
ジャイロの実験
過去の実験
一輪車や自転車が倒れないのはなぜでしょう? それは、ジャイロ効果という回転している物体は安定する性質を持つ物理法則が関係しています。 今回は...
銅メッキをしよう
過去の実験
ステンレスの板に、銅を電気メッキしました。 シールを貼れば、その部分だけメッキされないので、文字やイラストなどを入れることもできます。 化学...
錯視
過去の実験
錯視とは、人間の目の錯覚を利用した様々な絵のことを言います。 錯視を実際に描いて、どうしてこんな不思議なことが起こるのか考えてみましょう。 ...